syakoo's Lab

技術ブログやちょっと気合の入った記事を残すブログ

数学を勉強するWebサイトの開発日記(1: 事の始まりと何となくの構想)

はじめに

そこまで大きな事をするつもりはないです。ただの個人開発の勉強を含めたサービス作りの過程を残すブログです。

事の始まり

研究室配属して、ゼミで使う数学のテキストをどれにするか先生&先輩方と探しているとき、内容がマッチしていて中々目標期間に終わるようないい教材が見つからなかった。 そんな時、ある先輩が言った一言

「自分達でテキスト作るかw」

その時は笑って「作っちゃいますかww」と答えたが、よく考えると確かに教材を探す時間をかけるのなら作った方がこれからの後輩にとっては都合のいいことだし、たまたまサービスを作る勉強をしていたのだから勉強を兼ねて作ってみようと思った。共同開発もいいと思ったが、自分はサーバーサイドに触れたことが全然ないため勉強のために個人開発を選んだ。(やばかったら頼も)

あとは、初めてのWebサービスの個人開発だから数年後にこのブログをみて自分を馬鹿にしたいという理由でブログを残すことにした。

何となくの構想

どんな物にするか

ただのテキストを書いて集めるだけだったらこのHatenaでもできる。ここではできないような事を集めたい。ということで、「Markdown」だけでなく「Script」も、つまり動作可能なドキュメントを作成&管理&表示することを目標とする。 本来なら、Scriptをクライアント側が自由に扱えるとなるとセキュリティ的に危ない(はず)ので一般的なサービスでは提供できないと思うが、今回は個人情報を扱うつもりはない(アカウントくらい)ので目を瞑ることにする。

何を使うか

最近、JavaScriptをよく使っていてnode.jsを採用する手もありかと考えたが、やっぱり少しできるDjangoを採用。フレームワークなのでサーバーサイドが色々楽になると思う。 クラウドサーバとしてはFirebaseを使う予定。ほんの少ししか触ったことないからハマる気しかしないけど、無料でできるので...。

(7/22: FirebaseAzureに変更。詳しくは=>数学を勉強するWebサイトの開発日記(4: 方針変更))

(7/27: Django=>Node.js, Azure=>Firebaseに変更。申し訳ないです。詳しくは=>数学を勉強するWebサイトの開発日記(7: 方針の変更))

ライターについて

みんなが投稿できるようになると目的である、研究室のテキストの代替を無視しちゃってるのでアカウントを提供されている人達のみ投稿できるようにする。 コメント機能とコメントの閲覧もアカウントを持ってるユーザのみでいいかなって感じですかね。(そこまでしちゃうと公開する意味があんまないけど...)

さいごに

とりあえず今の構想はこんな感じです。次回からプロジェクトを開始していきます。